海外事業

「グローバル」という、解決策。

ニチレイロジグループの海外事業

1988年、オランダの冷蔵倉庫会社買収により欧州で低温物流事業を開始しました。
続けてドイツ、ポーランド、フランス、そして2014年にはイギリスへ進出。
また、アジアでは2004年に中国、2013年にはタイへ進出。
現在では低温物流センターと営業所を合わせて13ヵ国36拠点で展開中です。

欧州におけるサービス拠点

欧州最大のロッテルダム港を中心とした約50万トンの冷蔵設備能力と
欧州全域に広がるクロスボーダー輸送機能により、通関・ドレージから保管・輸配送まで
トータル物流サービスを展開しています。

中国におけるサービス拠点

冷凍・冷蔵・常温(3温度帯)を一元管理。
上海エリアをはじめ、中国国内の物流をサポートします。

設備概要

設備能力:低温5,200トン、常温6,459m²
運行台数:60台/日

特  長

上海中心部および近郊都市部にアクセスが良い上海市西南部に位置し、3温度帯の商材保管と輸配送機能によるワンストップサービスを提供しています。
特に、多頻度小口納品が必要な小売店・飲食店向けにはピース荷揃えや定時納品、365日24時間対応も可能です。 また、輸配送では自社車両を保有しており、上海近郊に限らず全国主要都市への納品ニーズにも対応可能です。

ASEAN(タイ)におけるサービス拠点

欧州・アジアをつなぐ、ASEANにおけるハブ拠点。
海外向け・タイ国内向けを問わず、「日本品質」の低温物流サービスを提供しています。

設備概要

設備能力:22,800トン
国内外向けの保管・輸配送
タイ国政府機関の家きん肉等の指定施設認定取得

特  長

タイ最大の輸出入港であるレムチャバン港と首都バンコクの両方にアクセスが良いバンナ地区に位置しており、移動ラック・陽圧設備・自然冷媒冷却システム(NH3-CO2)など、日本と同水準の設備を備えています。
また、輸配送では自社車両を保有していることに加え、配送管理センターでは車両の位置情報や温度状況を24時間体制でモニタリングしており、低温物流センターとあわせて高品質なサービスを提供しています。

事業案内Business guide

top page