株式会社ニチレイ 低温物流部門としての沿革

1942年(昭和17年) 帝国水産統制株式会社の設立。
1945年(昭和20年) 水産統制令の廃止により、社名を「日本冷蔵株式会社」に変更。
1952年(昭和27年) 東京工場を設置(日本初の超低温・大型冷蔵倉庫)。
1985年(昭和60年) 社名を「株式会社ニチレイ」に変更。機構改正により冷凍事業本部の発足。
1986年(昭和61年) (株)日本低温流通(NTR)の設立(現ロジスティクス・ネットワークの前身)。
1989年(平成元年) ニチレイ・ホールディング・オランダB.V.の設立。欧州事業の基礎基盤構築。
1993年(平成 5年) 関西地区大手小売業者様の専用物流センターを新設。本格的にTC事業を開始。
2000年(平成12年) NTTDとの共同出資で(株)ロジスティクス・プランナー設立。3PL事業への参入。
2001年(平成13年) (株)ロジスティクス・オペレーションの設立。
2004年(平成16年) 三菱商事との共同出資により上海鮮冷儲運有限公司を設立。中国へ本格的に参入。
2005年(平成17年) ニチレイより分社。

株式会社ニチレイロジグループ本社としての沿革

2006年(平成18年) 初の実運送会社である(株)NKトランスを設立。
2007年(平成19年) 東洋工機(株)の改組により(株)ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングを発足。
(株)ロジスティクス・オペレーションを(株)ロジスティクス・ネットワークに吸収合併。
2008年(平成20年) ネットワーク3社、地域保管9社、海外9社、エンジニアリング1社を含む36社体制となる。
2009年(平成21年) (株)鹿児島ニチレイサービスを(株)福岡ニチレイサービスに吸収合併し、商号を(株)九州ニチレイサービスに変更。
ニチレイ・ファイナンス・オランダB.V.をニチレイ・ホールディング・オランダB.V.に吸収合併。
ネットワーク3社、地域保管9社、海外8社、エンジニアリング1社を含む34社体制となる。
2010年(平成22年) (株)ニチレイロジスタッフ関東、(株)ニチレイロジスタッフ関西を(株)ロジスティクス・ネットワークに吸収合併。
照栄サービス(株)を(株)キョクレイオペレーションに吸収合併。ネットワーク3社、地域保管9社、海外12社、エンジニアリング1社を含む35社体制となる。
2012年(平成24年) ユーロフリゴ・フェンロB.V.をユーロフリゴB.V.に吸収合併。
ネットワーク3社、地域保管9社、海外11社、エンジニアリング1社を含む34社体制となる。
2013年(平成25年) 下関漁港運輸(株)を(株)九州ニチレイサービスに吸収合併。
タイ王国に合弁会社SCG Nichirei Logistics Co.,Ltd.を設立。Entrepots De L‘Ocean S.A.S.、Entrepots Du Plateau S.A.S.をEntrepots Godfroy S.A.S.に吸収合併。
ネットワーク3社、地域保管9社、海外9社、エンジニアリング1社を含む31社体制となる。
2014年(平成26年) テルモトラフィック・オランダB.V.の子会社として、英国にテルモトラフィック・ストローマーLTD.を設立。
ネットワーク3社、地域保管9社、海外9社、エンジニアリング1社を含む32社体制となる。
2015年(平成27年) (株)ニチレイ・ロジスティクス中国と(株)ニチレイ・ロジスティクス四国を合併し(株)ニチレイ・ロジスティクス中四国とする。
ネットワーク3社、地域保管8社、海外9社、エンジニアリング1社を含む31社体制となる。
2016年(平成28年) (株)ロジスティクス・プランナーを(株)ロジスティクス・ネットワークに吸収合併。
ネットワーク2社、地域保管8社、海外9社、エンジニアリング1社を含む30社体制となる。

事業案内Business guide

top page