CSR

株式会社ニチレイロジグループ本社 代表取締役社長 松田 浩

ニチレイロジグループの歩み

当社は創立以来70年以上にわたり、お客さまそして社会の期待に応えるべく、時代のニーズに合わせて日本の食品物流に変革を起こしつづけてまいりました。前身の製氷事業から始まり、日本初の大型冷蔵倉庫などを通じて高度成長期の豊かな食生活を支えた保管事業、冷凍食品・アイスクリームなどの共同配送サービス、流通改革の先駆けとなったTC(通過型物流センター)事業、そして一企業の枠を越えて物流の全体最適に挑み続けてきた3PL事業など、生活に必要不可欠な社会インフラとしての使命を果たしつつ様々な事業を生み出し、お客さまの利便性向上に努めてまいりました。
近年では、関東・関西港湾地区における多機能型物流センターの新設や、大きな成長の可能性を秘めた海外事業への積極的な投資などにより、食品分野における全温度帯のグローバルな物流サービスの提供に力を注いでいるところでございます。

私たちが目指すもの

私たちニチレイロジグループは、「くらしを見つめ、人々に心の満足を提供する」というニチレイグループの企業理念のもと、お客さまや社会からの期待に応える物流サービスを提供しつづけていくために、ブランドスローガン「選ばれつづける仕事。」を掲げております。
このブランドスローガンには、私たちが直面する様々な環境変化の中で持続的な成長を実現していくために、常にお客さま起点で考え、行動し、お客さまから選ばれつづける物流サービスをご提供していくという想いを込めています。これからも、このブランドスローガンに恥じないよう、グループ役員・社員一丸となってお客さまにご満足いただける優れた品質と価値あるサービスを創造・提供し、広く好感と信頼を寄せられる企業として、質量ともに食品物流事業者No.1となることを目指してまいります。

ニチレイロジグループのミッション・ビジョン

ミッション
食品の物流を通じて、
生活者の暮らしに貢献する。

(生活者に新鮮で安全な食品を効率良くお届けする)
ビジョン
食品物流事業者No.1の地位確立に向け、
グループ全体が持つ3PL、保管、仕分け、流通加工、輸送、
配送、情報システム等、各機能の有機的な組み合わせにより、
サプライチェーン全体にわたる物流の高度化と効率化を
提案しつづける。

事業案内Business guide

top page